FAQ 乳幼児と小中学生では助成の受給方法は違いますか

質問
乳幼児と小中学生では福祉医療費助成の受給方法は違いますか
回答

乳幼児(0歳から小学校入学前)が県内で受診するときは、「現物給付」となります。

受給者証を医療機関窓口で提示することで福祉医療費負担額を上限とするお支払いとなります。

乳幼児が県外で受診するときは「償還払い」となります。

医療機関窓口でいったん健康保険の自己負担額を支払い、後日、佐世保市へ福祉医療費支給申請をすることで後から福祉医療費負担額を超える金額が助成されます。

また、乳幼児が県内医療機関に受診の際に受給者証を提示せずに福祉医療費負担額を超える医療費をお支払された場合は償還払いでご請求いただけます。

小中学生は償還払いとなります。

お問い合わせ

  • 子ども未来部 子ども支援課
    電話番号 0956-24-1111

FAQID:3483

アンケート

アンケートにご協力ください。この情報は、

  • 大変役に立った
  • 参考になった
  • あまり参考にならなかった
  • 役に立たなかった

このFAQについてご意見、ご要望があれば下記に入力してください。(個人情報の記載はご遠慮ください)